プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

立体4目ならべで立体感覚をつけよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「あっ、やられたっ! 
  次にここに置けば勝つと思ってたのにぃ~。。。」

4目ならべ2

立体4目ならべ

 こんなおもちゃを買った。見てのとおり、白と黒の球を串団子のように刺していく。たて・よこ・ななめ、いずれか4つ並べた方が勝ちだ。これをやれば立体図形の感覚を身につけられるのではないかと思って買った。箱にも「立体図形感覚育成」「仮説思考力育成」と書いてあった。

 

意外とおもしろいゾ

 やってみると意外と面白い。私や太郎が本気でやったら、小学生たちには負けないだろうと思っていたが、そうでもない(^_^;)。私はしばらくは無敗だったが、意外なところを突かれて三奈や二郎にも負けてしまった。

 高1の太郎にいたっては、6歳の四つ美にも負けてしまったり。家族みんなで楽しめる。

 

五目ならべだと

 五目ならべでは、三枝(いらっしゃ~い!)じゃなくって、四三を作れば勝ちだ。四つの並びと三つの並びを同時に作れば、相手は次の手でどちらかしか防げないので勝ちが決まる。ちなみに五目ならべでは、三つ並びを同時に2つ作る三三は禁止となっているので、四三が必勝パターンとなる。この四目ならべでは禁止ではないので三三を作れば勝ちになる。

 

立体罠作戦

 だが、それだけではないのが立体のすごいところ。

4目ならべ3

 たとえばこの写真で、右から2番目に黒を置けば横にそろって黒の勝ち。それを阻止しようとして白がそこに置くと、その上に黒を置かれて斜めにそろって黒の勝ち。

 立体なので、相手が置いた球を利用してその上に置いて4つ並べる。そんな罠をいくつも仕掛けておいて相手がはまるのを待つ。この作戦はなかなか有効だ。

 家族みんなで楽しめて、立体図形に強くなる。これはお勧めです(^^♪。

 

立体四目 パズル道場公式対戦型教具 ([玩具])/増進堂・受験研究社
¥2,625  Amazon.co.jp

 

↓ うちのと違うけど、こっちの方がお買い得かな

木製立体四目

¥1,890 楽天
 


「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

five + 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top