プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

空を飛ぶゾウ(!?)

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「きっと、象だよ」
小2の四つ美が遠足で動物園に行く。

 

■質問はなあに

 動物園に行く前の日、四つ美は
「飼育員さんに質問することを考えておいたの」
何を聞くの?
「一番重い動物は何ですか?」

きっと象だよ。一番重いのは。
と、私は答えた。

 

■動物園から帰ると

 遠足から帰ってきた。
飼育員さんに聞いたの?
「うん、キリンが一番重いって!」

 象は草食だ。軽い草ばかりをたくさん食べている。だから意外と軽い。

 ディズニーに登場するダンボは、大きな耳を羽のようにして空を飛ぶ。実はこの発想はデタラメではない。象は見た目と違って比重がかなり小さいので、ダンボの耳くらいの大きさの羽をつければ近距離だったら飛ぶことも不可能ではない。と、インドの大学の研究で発表されている。

 

 

 スイマセン。ウソです(^_^;)。

 四つ美が行った動物園には象がいなかったのでキリンが一番になっただけでした。象は空を飛べません!


■大人の常識を押し付けるな!

 今回私は、「一番重い動物は何ですか?」 の質問に対して、「きっと象だよ」 とすぐに答えを教えてしまった(間違っていたけど)。

 それってあまりよくなかったと思う。大人の常識で子どもの自由な発想を止めてしまってはいけない。

「なんだと思う?」
と、考えさせてみて
象だと言ったら、
「でもダンボは空を飛べるくらいなんだから、実は象は軽いかもしれないよ」
と言って考えさせればよかったな(^_^;)

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
動物園はウチに園児がいたころはよく行っていたのですが、子どもが大きくなってくるとやはり行かなくなってきますねぇ。

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

4 + ten =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top