プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

健康を、損ねてわかる ありがたさ

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「痛ッつ!」

 二郎がケガをした。

 

■足を負傷 全治数週間?

 中1の二郎が、体育の授業で柔道をやっていたときに足を捻挫した。骨に異常は無かったのでよかった。
 
 怪我した翌日は文化祭の準備の日。行っても足手まといになるだけだとお休み。その翌日の文化祭も、合唱に出るくらいしかすることがないし、歌の最中に立っていられないからとお休み。そして連休を挟んだがまだ治らない。松葉杖で登校となった。

 

■使えないエレベーター

 二郎の教室は4階。二郎の通う中学は、足の不自由な子が入学するのに合わせて今年からエレベーターが設置された。使ってみれば。

 ところがエレベーターがあるのは二郎の教室の反対側。エレベーターから教室までは長い渡り廊下を通らなければいけない。かえって大変だ。

 せっかくエレベーターがあるのに使えないじゃん(ー_ー)!!

 で、階段は友達に肩を借りたり負ぶってもらったり。二郎はチビで軽いのが幸いだったかもしれない。それにうちの子の中では二郎が一番友達が多い。助けてくれる友達のありがたさを身にしみて感じただろう。

 

■助けられて感謝の気持ちを

 足や体が不自由な人は、日ごろから周りの人に助けてもらっている。ありがたみを感じているだろう。しかし、ずーーーーっとその状態が続くと、ありがたみを忘れてワガママを言ってしまうこともあるだろう。

 そうすると周りの人から、「いつも助けてやってるのに」と反感を買ってしまうかもしれない。周りの人たちに感謝する心を持ち続けなくてはいけないね。

 

 でもまてよ。それって体が不自由な人に限った話ではないぞ。五体満足な人だって、親や先生、近所の人や上司に助けられて生きている。

 周りの人たちに感謝しなければいけないのは誰だって同じだ。常にみんなに感謝することが。二郎も悟りを開いただろうか。

 

PS. いつも読んでいただいてありがとうございます。
という感謝の気持ちを忘れずにいなくちゃ!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

19 + nineteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top