プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

キッザニア東京を効率的に見て回る3つのコツ

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

キッザニアを効率的に見て回る3つのコツ
先日、キッザニア東京に行ってきました。まだ行ったことのない人、最近行っていない人に向けて2016年5月現在のキッザニアの状況と効率的に見て回るコツを書いてみます。

キッザニアとは

kizzania6
キッザニアは、東京の都心にある「こどもが主役の街」で社会のしくみを学ぶことができる子ども向けの体験型テーマパークです。90種類以上の仕事やサービスを演じることができます。
簡単に言うと、街全体でお店屋さんごっこをしているようなものです。


対象は幼稚園児から小学生。
9時~15時の第一部と16時~21時の第二部に分かれています。
料金は期間によりますが、小学生で3000円~5000円、大人が2000円弱です。

 

効率的に回るコツ


第一部だと6時間、第二部だと5時間という制限時間があるので、できるだけ時間を有効に使いたいものです。やりたいアクティビティ(仕事やサービスのこと)を全部やれるように。そのためのコツを3つ挙げてみます。

kizzania7
タイムスケジュールは親が作る


アクティビティを1つだけ予約することができます。予約したアクティビティが終わると新たにまた1つ予約できるという仕組みになっています。

人気のアクティビティを予約して、それが始まるまでの時間はすぐ入れるアクティビティをやります。子どもに任せていてはうろうろする間に時間ばかり経ってしまいます。

子どもがお仕事に取り組んでいる間に、親は周りを見て回ってどのアクティビティが空いているかチェックしましょう。そしてタイムスケジュールを作るのです。


昼食はベーカリーやピザ屋のアクティビティで済ませてしまう


場内にピザーラやモスバーガーなどがあり昼食を買って食べることができます。でもどうせなら、アクティビティで食べもの作りをやってそれをベンチで食べてしまえばお金も時間も節約できます。

四つ美はベーカリーで働いてクロワッサンをゲット。さらにソフトクリームもゲットしてベンチで食べて昼食としました。


親の私は子どもが体験している間はヒマなので、別途モスバーガーを買ってきてベンチで食べました。

また、親用にラウンジがあって300円でドリンクバーを利用できます。一度300円を払えば何度も出入りできるので、子どもがお仕事をしている間に休むことができます。

 

空いている日に行こう

キッザニアに限ったことではありませんが、空いた日に行きましょう。私はゴールデンウイーク直後の休日に行ったので空いていたのだと思います。時間が6時間と限られているので、待ち時間は少なくしたいものです。

kizzania3_640

 

子どもがお仕事を楽しめるキッザニア東京。まだ行ったことのない人は子どもが小学生のうちに連れて行ってあげてください。

 

おススメのアクティビティと四つ美の体験レポートは次回のブログに書きますね!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

three + nine =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top