プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

お兄ちゃんにお年玉

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「どれがいいかなあ?」

 

■お兄ちゃんにお年玉

 四つ美が文具店に行きたいというので連れて行った。
「どれがいいかなあ?」

何を選んでいるの? ときくと、
「太郎くんにお年玉であげりゅの」

 小1の四つ美は10歳上の太郎兄ちゃんにお年玉をあげるつもりだ。

こっちの方が役に立つんじゃないの
テープ糊を買おうとしていたが、受験勉強で使える暗記用シートのセットを私は勧めた。

 四つ美はいつも太郎にかわいがってもらっている。なのでプレゼントをしたいらしい。兄が妹にお年玉をあげるのならわかるが、反対とは偉いぞ。

 ちなみに二郎お兄ちゃんは四つ美をからかうことの方が多いので、当然ながらもらえない。

 

■ママにおこづかい

 以前には、ママがいつも「お金が無い」とぼやいていたのを聞いて、四つ美は

「こんなことを言って悪いんだけど、ママはお金がないんだよね。
四つ美はお年玉が余っているからあげるね」

とママに2千円のおこづかいをくれようとしたことがあった。しかもママのプライドを傷つけないように前置きをして。なんて優しいんだ(涙)!。

 どうやら四つ美は、人にプレゼントをすることが自分の喜びになっているようだ。

 

■他人に喜んでもらうことを体験させよう

 他人に喜んでもらうことの楽しみを知ることってすごく大事だ。大きくなってくると私利私欲がでてきてなかなか他人につくすことができなくなってくる。

 お手伝いをしたり、ボランティア活動に参加したりして他人に感謝されることを小さいうちから体験させておきたい。それが自分の満足感や喜びになればきっといい子に育つだろう。

「四つ美、パパもお金が無くて困っているんだけど。。。」
と言いたいところだけど、小さい子のお年玉をだまし取ってはいけないな(^_^;)

 

PS. 今日も読んでいただいてありがとうございます。
今日は太郎と二郎をカラオケに連れて行きました。連れて行ったのは初めてでした。たまにはいいもんですね。

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

15 − 11 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top