プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

Panasonicのリスーピアで理数体験

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「リスーピア? なんだこれ?」

 

 東京お台場の国際展示場駅の近くを通ったときにたまたま見つけた。Panasonic Center内にある施設だ。先日行った東芝未来科学館みたいな感じかな? と思って入ってみた。

■Panasonic理数体験ミュージアム RiSuPia

 2階と3階がリスーピアで1階はPanasonicの製品の展示場となっている。

2階 クエストフロア:楽しみながら不思議を感じよう
3階 ディスカバリーフロア:
見て、ふれて、理数の不思議を旅しよう

 入場は2階は無料だが3階は大人のみ有料で500円。時間の都合で3階は見ていないが有料ってことは2階よりもおもしろいに違いない!

■振り子の実験
Furiko1 

 緑の球を前後方向に揺らすと、糸が同じ長さの青い球だけが揺れ始める。赤い球を揺らすと、同様に黄色い球だけが揺れ始める。同じ長さの糸だけが共振するため。

■運動量保存の法則

Furiko2 

 左側の球を1つ持ち上げてから横の球にぶつけると、一番右の1つの球だけが飛び上がる。同様に左側の球2つを持ち上げると右の2つの球が飛び上がる。運動量保存の法則で同じ質量分が動くためだ。簡単な実験だけど見てみるとおもしろい。説明も分かりやすく書いてある。

 私がほかにもいくつかの展示を見ていると、黄色いシャツの若くてかわいい女の子が寄ってきて説明してくれた。

「ここを押ちゅと 風が出るんでちゅよ!」
わあ、ほんとだ! 教えてくれてありがとう(^_^)/!

ここのコンパニオンは若いなあ。まだ3歳くらいだろうか(笑)。

 なかなか勉強になりそうな施設だ。小学生のお勉強になります。
リスーピアのサイトはこちら

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
ほかに科学館でいいところを知っているかたがいましたら、ぜひ教えてくださいね(^^)

—–

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

sixteen + fourteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top