プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

軍隊のような厳しい体験で仮面ライダーのように強くなる?

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

重い空気。緑の看板の銀行の前を通ったら、白黒の現金輸送車が停まっていた。3人の警備員が現金を運び出す。

 

 警備会社で思い出した。以前にテレビでアルソックの研修の様子をやっていた。
「気を付けっ」、「敬礼」、「回れ右」、
とかの訓練を延々とやっている。少しでも角度が違うとダメ。笑顔じゃないとダメ。声が小さいとダメ。一人でもずれると連帯責任。とにかく厳しい。軍隊のようだ。

 今時こんなことをやって何になるんだ、と思う反面、うちの子たちも一度こういう厳しいところで根性を鍛えることをやらせてみたい、と思った。

 普段、私も甘やかしていることもあるが学校でもそうだ。小学校では男の子も先生に「さん」づけで呼ばれる。私が子供のころは先生に木刀やスリッパでひっぱたかれたこともあったが、今では体罰はご法度。個人を尊重するのはいいが、何が良くて何が悪いのかを教わる前に甘やかされてしまっている子もいる。そのため、社会に出てから厳しさに慣れてなくって挫折する若者も多いようだ。理にかなっていなくっても、むちゃくちゃ厳しい環境を体験するっていうのも必要だと思う。

 とにかくアルソックの社員はそんな厳しい教育を受けているらしい。

 実は私の家はアルソックの警備をつけている。安いコースだが、おかげさまで警報機を誤作動させたことは何度かあっても、泥棒に入られそうになったことはない。

 これだけ厳しい訓練を受けると、完璧な警備ができるようになるのだろうか。上野樹里の家を守る仮面ライダーたちのように。(笑)

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

thirteen + fifteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top