プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

【家庭教育】ケミストリークエスト入門版で原子と分子に慣れよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

イクメンパパの家庭教育 理科編

 

ケミストリークエスト入門版
という化学のカードゲームをやってみた。

■開発者は小学生

 このゲームは小学生が開発した。
 「世の中の物質が100個ほどの元素の結合でできていることを知り、とても 感動しました。それを伝えたかった」
ので作ったとのこと。
ChemistryQuest1 

 その子の父親はコンピュータ関連会社に勤めていて子どもを社長として 家族が社員になっている。
子どもなのにヤルなあ!

■遊び方は簡単!

 2種類の遊び方ができるが、いずれも炭素(C),水素(H),酸素(O),窒素(N)の4種類のカードを組み合わせて化合物を作る。H2,O2から始まって、H2O,NH3,そして一番難しいものがCH3OH(メタノール)。
ChemistryQuest2 

 小3の四つ美には難しそうだと思ったが、何度かやって慣れてしまえば簡単だ。最も多くなるように組み合わせるパターンも覚えてしまえばカードが出てから悩むこともない。ゲーム性としては単純すぎるかな。もっと元素の種類が多ければ面白くなりそうだ。

 といってもやったのは「入門版」。通常版だと元素の種類は変わらないもののより多くの原子の化合物を作るなど、ルールは複雑になっていてより面白いようだ。

 いずれにせよ、元素と分子に慣れるために、子どもにやらせてみるのもいいかと思う。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
先ほど、エンジニアライフにコラムをアップしました。よかったらご覧ください。
「安保法案と七十歳死亡法案って似てるかも?!」

 

【クロネコDM便(メール便)送料無料】 ケミストリークエスト入門版 はじめての冒険
¥1,388
楽天

 

ケミストリークエスト
¥1,110
楽天

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

18 − thirteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top