プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

【家庭教育】作文の添削は、ダメよ~ダメダメ! じゃダメ!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

イクメンパパの家庭教育 国語編

 

ダメよ~、ダメダメ!

 赤ペンが走る。妻が三奈の作文のダメ出しをしている。

 

■真っ赤な作文用紙

 まずは字が汚くて漢字が読めないところが多々ある。熊が態になるように、下の点々(れんが)が心に読める。「が」の点が1つ足りない。手編が獣編に読める。などなど。赤ペンだらけだ。

 模擬テストで減点されたときと同じ間違いをしている。これはアカン(>_<)。

 間違いやすい字のリストを作って注意を促すことにした。

 作文の内容は抽象的で分かりにくい。そもそも出題者が求めている答になっていない。作文の後半に妻が取り消し線を長く引いて書き直している。

 あ~あ。そんなに消されたらヤル気がなくなっちゃうよ。

 

■ヤル気を奪う上司のダメ出し

 仕事でプレゼンの文章などを作るときに、上司のチェックが入る。数カ所の指摘ならいいけれど、原型をとどめないくらい大幅に修正されてしまうとヤル気がなくなる(-_-;)。

だったら最初っからあんたが書けばいいでしょ。

分かりましたよ。私の意見は入れずにあんたの書いたモノをそのまま清書しますよ。と。

 

■添削の指摘は3つまでにしよう

 まして子どもだったらなおさらそう思うだろう。大幅に消してしまってはいけない。

こういうことも書いておくといいよ。
この1文は なくてもいいよね。

と、誤字以外の指摘は3つくらいまでにしておいた方がいい。結果として本人が全文書き直すことになっても、ヤル気を失わせることはないだろう。

そして
この着眼点はおもしろいね。

と、誉めることも忘れずに!

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
作文を添削すると、ついつい自分の言葉になおしたくなってしまいますよね。もとの文を活かしてなおすってちょっと難しいです!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

two + five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top