プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

【家庭教育】英単語連想記憶術-ごろ合わせで覚えよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

イクメンパパの家庭教育 英語編

 

英単語連想記憶術
心理学が立証した、必須4000後の獲得
武藤驍雄著

 

英単語連想記憶術〈第1集〉―心理学が立証した必須4000語の獲得 (青春新書)/青春出版社
¥1,155
Amazon.co.jp

 

 BookOff(古本屋)でこの本を見つけて思わず買ってしまった。私が高校生のころ、この本で英単語を覚えたから懐かしくって!

 

■こんなゴロ合わせが

 英単語のゴロ合わせとそのゴロに合ったイラストが書いてあるので覚えやすい。例えばこんな感じ。

psychologyサイコロじいっと見る心理
 賭博場でサイコロを凝視しているイラストが載っている。

respond利子ポンド答える
 イギリス人らしき人が銀行の窓口で答えている。

assassinate朝死ねーと暗殺する
 ベッドにいる人にギャングが銃を突きつている。

affectionあ、ヘクション! 風邪ひくよ、と愛情の声
 くしゃみした子を心配するママの絵

criticize栗小さいぞ批判する
 甘栗屋で客が店員を批判している

lamentableラーメン食べる悲しい受験生
 これについては、私は別の本でこんなゴロ合わせも見つけた。

 They wouldn't be sobber. They are all wanton men. Oh! lamentable.

 (覚え方)彼らはウドンとソバだ。彼らはみんなワンタンメンだ。ああ、ラーメン食べる。

 (意味)彼らはどうしても真面目になれなかった。彼らはみんないい加減なやつらだ。ああ、なげかわしい。

 

■いいゴロ合わせは忘れにくい

 これらのゴロ合わせのいくつかは今でも覚えていた。
 定期試験の直前に無理やり自分で作ったゴロ合わせは、テストが終ると忘れてしまう。だが、うまいゴロ合わせっていつまでも覚えている。

 いい国作ろう鎌倉幕府(1192年)
 人並みにおごれや(ルート3=1.7320508)

などの名作のゴロ合わせは誰もが知っていて忘れられることもない。

 

■ゴロ合わせのデメリット

 英単語をゴロ合わせで覚えると、楽しく覚えられるし忘れにくい。だが欠点もある。

 英語の長文を読むとき、途中で頭の中でいちいち 「psycologyっと見る心理」 とゴロに変換していると読むのが遅くなる。ゴロ合わせばかりに頼るのも限界がありそうだ(^_^;)。

 

あと、あべっかんオリジナルのごろ合わせはこれ。
availあべ いると 役に立つ

 

役に立つでしょ。このブログも!

 

PS. 今日も読んでいただいてありがとうございます。
インフルエンザで倒れていた妻が回復してきました。ほっ。
だけどまだ安心できません。明日あたり私か子供が倒れるかも。。。

 

 
英単語連想記憶術〈第1集〉―心理学が立証した必須4000語の獲得 (青春新書)/青春出版社
¥1,155
Amazon.co.jp

 

英単語連想記憶術〈第2集〉―笑いながら獲得する必須3000語 (青春新書)/青春出版社
¥1,155
Amazon.co.jp

 

英単語連想記憶術〈第3集〉10倍速く覚える忘れない2500語 (青春新書)/青春出版社
¥777
Amazon.co.jp

 

—–

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

ten − four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top