プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

【家庭教育】図形の力を鍛えるにはパズル道場から始めよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

イクメンパパの家庭教育 算数編

 

四つ美はもうすぐ小学4年生。算数がちょっと苦手。
そろそろ本格的に算数を鍛えるか。
で、取り出したのがこのドリル。

 

■パズル道場

 三奈が5年生のころ、パズル道場というドリルをやらせた。三奈は図形問題が苦手だったが、家庭学習で「パズル道場」をやることから始めて図形の力を鍛え上げた

 そのころに四つ美にも簡単で楽しそうな問題だけいくつかやらせていた。今からは本気でやらせることにした。

 パズル道場には何種類かのパズルが全部で90問以上載っている。
あみだ、積み木、展開図、サイコロころがし、断面図、ナンプレ、ビルディング、などなど。

 積み木や展開図などは中学入試の問題に出て来るようなのもある。このなかの1つを紹介する。

 

■ビルディング
building3 

4×4マスの敷地に、1階建~4階建のビルが建っている。
どの列にも、1階建~4階建が1つづつ建っている。
上のような場合に下方向と右方向から見ると、下図のように見えるはずだ。
building2 
 
 一番手前に4階建があると、他のビルは隠れてしまうので1つしか見えない。2階建てのすぐ後ろに4階建があると、2つだけ見える。

 このように、何個見えるかが書いてあるときに、実際のビルの配置を当てる。

 4個見えると書いてあれば、1階建、2階建、3階建、4階建の順だな、とすぐ分かる。1個と書いてあれば、手前に4階建があるとすぐ分かる。

じゃあ、この場合は?
building1 

といった感じの問題だ。中級編だとこれよりももっと易しい問題もある。大人の頭の体操にもなるだろう。

家庭学習で図形の力を鍛えるには「パズル道場」はおすすめだ!

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
大人の頭の体操、ボケ防止にもなります。あなたもどうですか?!

 

算数パズル道場 トレーニング〈2〉小学2年~4年/増進堂受験研究社
¥756
Amazon.co.jp

 

算数パズル道場 トレーニング〈3〉小4年~6年/入試/増進堂受験研究社
¥756
Amazon.co.jp

 

算数パズル道場 トレーニング〈1〉年長~小学1・2年/増進堂受験研究社
¥756
Amazon.co.jp

 

—–

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

five × three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top