プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

塾帰りの夜道は危険-お迎えのいらない 通わない塾ってできないの?

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

 女子中学生が誘拐されて2年間も監禁されていたというニュースが報道された。拐われたのは夜道ではなく真っ昼間だったというから驚きだ。

 

■塾のが帰り道心配

 高校生や中学生、それに小学生でも、夜遅くまで塾に行っている子が多い。夜10時過ぎに駅の裏にお迎えの親の車が何台も停まっている。真っ昼間でも拐われることもあるのだから、夜はなおさら心配だ。でも毎回迎えに来る親もたいへんだ。

■夜にたく塾に行かせたくない

 そもそも、夜に塾に行かないですませられないか? 自主学習や通信教育でちゃんとできる子はそれが一番いい。だけど多くの子はモチベーションを保って勉強し続けるには塾のような環境が必要だ。

■在宅勤務する人

 大多数のサラリーマンは毎日会社まで通って仕事をしている。だが中には在宅で勤務するサラリーマンもいる。これがフリーのライターになると、インターネットで仕事を受けて自宅で仕事をしている人も多い。

在宅塾ってできないの?

 在宅勤務のように、塾も在宅でできないだろうか? と言っても、講義のビデオを見るとかでは通信教育と同じだからダメ。Skypeなどの双方向通信で講師と生徒を1対8くらいでつなげる。月曜の19時~21時は接続してパソコンの前にいること、というように時間を決める。そして講師は生徒を指して答えさせる。

 そうすれば塾に通うのと同じような効果が得られるだろう。お迎えは必要ないし通う時間も節約できる。昼間は学校に通っているのだから夜は家にいてもいいだろう。

 すでにやっているところもきっとありそうだ。そんなシステムの塾が流行ってくれればいいのになあ。

そう思いませんか?

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
エンジニアライフにコラムをアップしました。先日の書評を別の観点で書いたものです。ご覧ください!
「対人力の高め方でITエンジニアとして生き残れ!」

 

ITエンジニアとして生き残るための「対人力」の高め方/日経BP社
¥2,052
Amazon.co.jp

 

【できるパパのセット版】イクメンから教育パパにキャリアアップする方法/金風舎
¥480
Amazon.co.jp

 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

seventeen − fourteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top