プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

神奈川県の中学生向けおすすめ学習塾「高校受験ステップ」

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

 春のこの時期には毎日のように学習塾のチラシが新聞に入ってくる。
中萬学院、臨海セミナー、湘南ゼミナール、StEP、ユリウス、など神奈川県下のいくつかの塾にうちの子たちはお世話になってきた。

 

今回はこの中の高校受験ステップ (StEP/Hi-StEP) について、良いと思ったポイント3つを紹介する。

 

1.特色試験対策

 神奈川県の公立高校の入試は一律の同じ問題が使われるようのなった。そして一部の難関校は特色検査と呼ばれる学校独自の問題も追加される。

 高校受験ステップのうち、トップ校を目指す教室は Hi-StEP として別の教室になっている。このHi-StEP
では中2から特色検査対応を行っている。中3になると月に1以上の特色検査模擬試験を行う。この試験の問題を作るのは結構大変らしい。でもその甲斐があって湘南高校横浜翠蘭高校の合格者を多く出している。

 

2.分かりやすい説明会

 高校入試が終わったこの時期に保護者向けの説明会が行われる。その年の高校入試の傾向と結果が説明された。今年の入試は特色検査の出来が明暗を分けた。それを実証するデータをいくつも示してくれるので納得だ。他の塾の説明会よりも分かりやすい。

 

3.充実した高校情報

 ときどきStEPから保護者向けにメールマガジンが届く。高校の紹介や試験の傾向が書かれている。

 また、StEPの新聞や高校紹介の雑誌には県内の高校生のレポーターによるハイスクールライフが書かれている。他の塾でも高校案内の雑誌はだしている。だがStEPの雑誌はより楽しくかいてあり高校がよく分かる。

 まとめるとStEPは高校入試についてよく研究していて親にもしっかり伝えてくれる。お勧めの塾だ。
ただし、塾はその教室の室長によって良し悪しが変わったりするのことはあるので念のため。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
あなたのおすすめする塾があったら教えてくださいね!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

5 × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top