プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

【家庭教育】中学入試問題に挑戦だ

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

イクメンパパの家庭教育 受験対策編

 

先日のブログ「やけに算数が難しいテスト」で、小6の三奈が受けた模擬試験の算数がやけに難しかったという話を書いた。

 

 

■難しかった模擬試験

 

 その模試はM中学の入試に特化した模試。算数分野の得点分布は0点に近い人が最も多い。
TokutenBUnp 

 

「M中の問題って本当にそんなに難しいのかなあ?」

 

 

■親父の挑戦

そこで私が挑戦した。

 

 45分一本勝負。問題は4つある。順番にやっていこう。

 

まずは数の並びの問題。

 

1,2,3,4の数字を2個づつ並べて8桁の数を作る。ただし1と1の間には数字が1つだけ入る。2と2の間には2つ。3は3つ。4は4つ。

 

う~ん?!
と考え込んだが数を当てはめていってクリア。
41312432
で正解だろう。

 

そして次は、1~7までを使って14桁の数を作れ。
わっ、めんどくさっ(+_+)

 

 こんな感じで進めていく。理系の大学を出た私としては小6用の算数に手こずる訳にはいかない。と思っていたものの、3問目の途中でタイムアウト!

 

 採点してみたら、100点!

 

200点満点だけどね(^_^;)

 

 言い訳をしておく。その後時間を延長して全部やった。4問目は10分で全部正解したから、問題を選んで順番を考えていれば130点くらいにはなっただろう。

 

 

■兄貴の挑戦

 

「おまえもやってみろ!」
 東大受験クラスに通う高3の太郎にやらせてみた。東大の問題に比べればちょろいもんだろう。

 

用意、スタート!

 

 45分後に採点してみると、
130点!(200点満点です)

 

簡単な問題4で計算ミスして20点損してるよ。大丈夫かっ?!

 

 いずれにせよ、難しいということがよく分かった。
まいりましたっ
m(-
-)m

 

「やけに算数が難しいテスト」

 

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
こうやって家族で入試に挑戦してみるのも楽しいですね。親のプライドが崩壊する危険はありますけど(汗)。

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

fourteen + twenty =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top