10キロの米は何粒? -子どもの疑問を実験で解決してみよう

子育てと教育

子どものちょっとした疑問を聞き逃すな

次男の二郎が小学一年生のときの夏休みの終わりのことです。

私がスーパーで買ってきた5キロのお米をしまおうとしていると、二郎がふと言いました。

「この中に米粒がいくつ入っているんだろう?」

それを聞いた私は、

「よし、調べよう」

実験開始―写真を撮るのを忘れずに

キッチンの計りを用意しました。二郎に計量カップに米粒を入れさせます。

「ちょうど20グラムになるまで入れてごらん」

二郎は米粒を計って入れました。

次にその米粒の数を数えさせました。しばらくたって、1340個をか

その一部始終を私は写真に撮っておきました。
あとでレポートにするためにです。

小学1年生に比例計算を理解させるには?!

20グラムの米粒の数がわかれば比例計算で5キロの米粒の数がわかります。

二郎は当時小学一年生です。比例計算なんてできません。そこでちょっとずつ書かせました。

  • 20グラムで個だから、100グラムだったら、
     1340+1340+1340+1340+1340=6700で6,700個
  • 1,000グラムだったらそれが10個あるから67,000個
  • 1キログラムは1,000グラムだから、10キログラムだったら670,000個

よって10キロの米袋には67万個もの米粒が入っていることが分かりました。

これなら小学一年生でもわかるでしょ。

自由研究レポートはすぐに作れる

そして書いた紙をファイルに入れて、目的や感想を書いて、撮った写真も入れると、夏休みの自由研究レポートが完成しました。

すでに夏休みの自由研究は作ってありましたが、急きょこれも追加したのです。

簡単でしょ。

子どもに実験をやらせて考える力を伸ばせ

子どもがふとした疑問を持ったら、それを突き詰めて研究してみる。

こういった体験は子どもの探求心を満たし、考える力も伸ばします。

機会があったら、いや、機会を作ってでも、このような研究を子どもにやらせてみましょう。

コメント