プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

月刊ジュニアエラで異常気象の原因を知ろう!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

1からわかるニュースマガジン
月刊ジュニアエラ10月号

月刊ジュニアエラ10月号
親子で読める!受験勉強にもお役立ち!!

異常気象はなぜ続く?

この夏、ものすごい暑さや驚くような豪雨が発生した。

国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書によると、「世界平均気温が上昇するにつれて、ほとんどの陸域で極端な高温が頻繁になる」という。また、20年に一度しかなかった極端に暑い日や大甘が今世紀には頻繁に起きるようになると予測していた。

温暖化が異常気象の多発をもららしているのは間違いないと言っている学者もいる。温暖化を止めるには、二酸化炭素などの排出をゼロにすることが必要。そのためには石油やガスなどの燃料を使わない脱炭素社会にすることが必要だ。

→やはり地球温暖化が異常気象をもたらしていたようです。人類は、脱炭素社会を作って異常気象を止めることができるのでしょうか?

 

プラごみにNO!

ガスとやマクドナルドやスターバックスが「プラスチック製ストローをやめる」と発表した。こうした動きが広まっている理由は、海がプラスチックごみで汚染されて深刻な問題になっているためだ。

きちんとゴミ箱に捨てられなかったプラごみが海に流れ込むと、紫外線や波でマイクロプラスチックと呼ばれる小さな粒になり有害物質を吸着する。それが魚の体内に入り生態系へ影響を及ぼしてしまう。

年間800万トンのプラごみが海に流れ込んでおり、このままだと2050年までに世界の海の総重量を海のプラごみの重量が上回ると警告されている。

→プラごみがこんな問題になっているとは知りませんでした。ハンバーガ―屋などに行ったとき、プラスチックのカップにコーヒーを出されるより、陶器のカップに入れてくれるほうが私は好きですが、やはりそのほうがいいんですね。PETボトルもそうですが、プラスチック容器や袋の使い捨てが多すぎますよね。気をつけましょう。

特集 人体のなぞ

命の誕生

オスとメスが恋に落ち
愛し合い、交わると
精子がオスの体内からメスの体内に移動し
卵子と結合する

→パンダの4コマ漫画でさりげなく性教育が描かれています。その他にも消化器系の仕組みや心臓と血管の仕組み、脳と真剣の図解などが説明されています。

そのほかにもこんな記事が

  • 国会はこれでいいの?
  • さようなら築地市場
  • 読者イベント開催!動物園ツアー
  • スペシャルインタビュー 平手友梨奈さん(欅坂46)
  • スポーツのうんちく 柔道
  • のぞき見探偵が行く!明太子工場
  • クロールで速く、カッコよく泳ぐには?
  • 歴史人物ケンミンがとる 種田山頭火vs尾崎放哉

時事ニュースや子ども向けの情報がいろいろ載っています

「月刊ジュニアエラ」とは?

毎月紹介している「月刊ジュニアエラ」は、「1からわかるニュースマガジン」です。朝日新聞社が出版している雑誌「Aera」の子ども向け版です。
子ども向けとは言っても、取り上げられる項目は大人の新聞に書かれるニュースと同じレベルです。朝日新聞社の本なので、朝日新聞の社説に則った意見を表明しています。
 
読んでみるといつも私も知らなかった内容も多く、私にとっても勉強になっています。しかも子ども向けに書かれているので優しく読めて理解できます。入試の時事問題もこれを読んでおけば答えられそうです。新聞を読むのは難しいしめんどくさい、と思っている高校生や大人にとってもいい雑誌だと思います。
ですので、このブログでも記事の紹介を毎月ネタにさせてもらっています。

 

 

また、ニュース以外にも、お仕事の紹介、海外の子どもの生活、科学記事、スポーツのうんちく、本の紹介、アイドルのインタビュー、時事問題のテスト、なども載っています。

 

子どもも大人も勉強になります。1冊500円なので月に500円くらいなら買っておいて損はないと思っています。朝日新聞を取っている人は新聞と一緒に配達してもらえます。

「月刊ジュニアエラ10月号」

※今日も読んでいただいてありがとうございます。今日は毎月恒例のジュニアエラの紹介でした。

 



「週末パパ講座で自分で考える力を身に着けさせる3つの方法」
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

5 × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top