プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

自動運転技術は進歩している -免許なんていらなくなるかも

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

今どきの自動車の安全技術

先日、ホンダのディーラーに行ってきました。最新の車に試乗してきました。ホンダ車にはHonda SENSING という安全機能がついています。

障害物を検知して自動でブレーキをかけたり、路肩の人を検知してハンドルを自動で切ったりします。居眠りしてふらついて車線のラインから外れそうになったら音で警告します。渋滞で止まっていて前の車が動き出したら音で知らせてくれます。

そして道の道路標識を検知します。速度制限時速40キロメートルの標識の横を通過したらマル40のマークがインパネに表示されました。2車線の道に出て内側の車線を走ると、上の信号の高さについていた時速50キロメートルの標識を読み込んでマル50のマークが表示されました。

「ちゃんと読んでるよ!」と楽しくなりました。

天下一品には進入禁止?!

そんなときに、ネットでこんな記事を見つけました。

最新の車が天下一品を進入禁止と誤認」

たしかによく似ています。天下一品のロゴマークと進入禁止の標識。

間違えるのもうなずけます。けれども進入禁止の標識と認識するだけで車が止まるけではありません。車で行っても天下一品のラーメンを食べに行けますのでご安心を。

ちなみに私はよく天下一品のこってりラーメンを食べています。

自動運転の技術の進歩


自動運転で少しでも事故が起こると「安全性に問題がある」、となって自動運転に関する法律が通らなくなってしまいます。

でも、人間が運転しても事故はあります。人の運転手が起こす事故率よりも自動運転の事故率が低ければ自動にしたほうが安全です。少なくとも下手な人が運転するよりも安心できます。事故が起きたときの責任はどうなるなどの問題はあるものの、法整備を進めて早く自動運転が実用化されてほしいと思います。

今の小学生が大人になるころには、自動運転技術が確立されて運転免許なんて取らなくてもいいようになっているかもしれません。


(大人向け)エクセルプログラミング超入門勉強会 2018/9/23 (10/28にも計画中)


9月23日(日)13:30~ 横浜で行います。

エクセルの表の編集に時間がかかっていることはありませんか? 例えば

  • 「担当者ごとの売り上げの表」から「製品ごとの売り上げの表」を手作業で作っている
  • 複数の表のつじつまが合っているかを目視で確認している
  • 国語、数学、英語、などの科目ごとのテスト結果の表から、生徒ごとの成績表を手作業で作っている
  • 複雑な関数を使い過ぎて修正できない

こういった作業は、エクセルでプログラムを作ってしまえば自動で行えるようになります。
ホントにそんなことができるの? と思ったかたは一度体験してみてください。

詳しくはこちら

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 0 )
  • トラックバック ( 1 )

No commented yet.

Comment

*
DigiPress

20 − 18 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top