プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

体操協会でのパワハラ問題 -告発できる勇気がある子に育てよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

スポーツ界で次々に発覚するパワハラ問題

リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江選手が日本体操協会の本部長のパワハラを告発しました。

宮川選手の話によると、日本体操協会では、日本ボクシング連盟、日大アメフト部、などと同じように、トップの人が常識を逸した独裁を行ってきたようです。体操、ボクシング、アメフトだけでしょうか? いや、他のスポーツ団体でも似たような体制になっているところがあることでしょう。

ではなぜスポーツ会ばかりなのでしょうか? 理由は2つあります。あべっかんの勝手な推測ですが。

体育会系の選手はコーチに服従する

1つ目は、選手が服従しやすいからです。選手は体育会系の体質に慣れています。勝つためには厳しい練習に耐えなくてはいけないことが分かってます。

日本のトップに立つような選手だったら、中学時代、高校時代の部活でも先輩たちから厳しく指導されてきたはずです。ですからコーチに厳しいことを言われても、理不尽なことでも従ってしまうクセがついています。無理なことでも根性でやってしまうことに慣れきっているのです。

トップの独裁者も脳ミソが筋肉かも

2つめは、トップもバカだからです。こんなにあからさまな独裁体制をしいていたら、やがてはヤバいことになることが分かっていないのです。このトップも脳ミソが筋肉ですから。

これが例えば東大卒の政治家だったら、もっと巧妙にやります。世間にバレないようにしているので、独裁で好き勝手にやっていることが広まらないのです。そんな人がたくさんいるのではないか、と私は推測しています。

スポーツ界のトップだけが悪いのではなく、スポーツ界のトップだけが無理な独裁がバレているのです。

パワハラを告発できる、勇気のある人に育てよう

いずれにしても、宮川紗江選手のように悪いと思ったことを告発するのは勇気がいることです。そんな勇気のある人に子どもたちを育てていきたいものですね。


(大人向け)エクセルプログラミング超入門勉強会(次回 2018/9/23)


9月23日(日)13:30~ 横浜で行います。

エクセルの表の編集に時間がかかっていることはありませんか? 例えば

  • 「担当者ごとの売り上げの表」から「製品ごとの売り上げの表」を手作業で作っている
  • 複数の表のつじつまが合っているかを目視で確認している
  • 国語、数学、英語、などの科目ごとのテスト結果の表から、生徒ごとの成績表を手作業で作っている
  • 複雑な関数を使い過ぎて修正できない

こういった作業は、エクセルでプログラムを作ってしまえば自動で行えるようになります。
ホントにそんなことができるの? と思ったかたは一度体験してみてください。

詳しくはこちら

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

15 + thirteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top