プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

「このハゲー」っとキレてしまう前に自分から弾けよう!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

普段ストレスを溜めていると、心の中の悪魔が急に爆発してしまうことがあります。ストレスは溜めないように自分の力でコントロールしていきましょう。

信じられないこのセリフ

「この、ハゲーっ!」
 
自民党の女性議員が行っていた秘書への暴行と暴言が週刊誌に載り、騒ぎになりました。「この、ハゲーっ!」だけならまだしも、車の後部座席から運転中の秘書の頭を蹴るとか、暴言を歌うとか酷いものでした。事務所の人も弁解する気もなさそうです。日頃から酷かったのでスタッフも「いい気味だ」と感じているのかもしれません。スタッフが週刊誌にリークするのを協力していたとしてもおかしくありません。
それだけ酷いものだと感じました。
 
エリートで支持者に優しくしている議員が、全く逆のことをしていました。

悪魔のささやきがあり得ないことをさせてしまう

同じようなことをときどきニュースで聞きます。
PTA だか子どもを守る会だかの会長が女の子をさらって殺してしまった。
 
警察官が女性のスカートの下から盗撮していた。
 
ちゃんとしなくてはいけない人たちが、こんな事件を起こしています。それは何故でしょうか?
やるなと言われるとやりたくなる、そんな心理なのでしょうか。
 
やってはいけない、ということをやってしまうのが人間です。人の心の中には天使と悪魔がいます。「天使の声」ばかりを聞いていると、悪魔があるときに力を貸し過ぎてしまうのです。
「悪魔のささやき」に気をつけましょう!

ストレスは溜めないで! キレるまえに弾けよう

普段、良い自分を見せなければいけないほどほど。心の中にストレスを溜め込んでいるのではないでしょうか。

そしてあるときにそれが外に出してしまうのです。

ある時はパワハラ発言に、ある時はセクハラ行為に、あるときは犯罪行為となって。

ですから、日ごろのストレスを溜め込まないことが大事です。

いい子であることが求められている職業に就いているほどこそ、ストレスを解消する自分なりの方法を見つけておくべきなのです。私の場合は、お酒を飲むとか、カラオケで思いっきり歌うとかでストレスを発散できています。また、このようにブログなどで自己を主張することもストレスの解消には役立っているのです。

ところが、ストレスの発散場所が無い人、発散方法を見出していない人は、前述のような犯罪を引き起こしてしまいます。このごろ真面目なことしかやってないな、と思ったら、たまには弾けてみましょう。

ストレスに耐えかねて「キレて」しまう前に「自分から弾ける」ことが大切です。

自分なりのストレスの発散方法を確立しておきましょう。そして、ストレスは溜めないように自分でコントロールしましょう。

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
ストレスを溜めないようにと、ちょっと飲んでみたのですが、ブログを書き終える前にちょっと飲み過ぎてしまったかもしれません(笑)。



「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

sixteen − 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top