ゲームでプログラミングの考え方を楽しく賢く学ぶ受け放題コース

月額制のオンラインプログラミング講座

月額制のオンラインプログラミング講座を行っています。
(申し込みはこちら→「ゲームでプログラミングの考え方を楽しく賢く学ぶ受け放題コース」

この講座には3つの特徴があります。

  • ゲームで楽しく学ぶ
  • 失敗から立ち直る経験を積ませる
  • 始めに教えないで、まず考えさせる

それぞれについて説明します。

ゲームで楽しく賢く学ぶ

エクセルVBAのプログラムで作ったオリジナルのゲーム教材を使ってプログラミングで必要な考え方を教えます。

このゲーム教材は、ただ楽しいだけではないんです。

本屋さんに行くと、子ども向けのプログラミングドリルが何冊も売られています。

私はたくさんのドリルをやってみて研究しました。
そしてそこでやっている内容を、動くゲーム教材にしたのです。

ですから、プログラミングに必要な考え方を養える内容になっています。
ただ楽しく遊ぶだけではないのです。

失敗から立ち直る経験を積ませる

プログラムってプロが作っても、1回ではうまく動かないんです。

システム開発でプログラムができると、テストします。何百、何千というテストパターンを使って。

すると、バグ(不具合)がたくさん見つかります。予想していなかったケースがいくつも出てくるからです。

プログラムを作る→テストする→バグの原因を探す→修正方法を考える→

プログラミングでは、これを何度も何度も繰り返すのです。

プログラミング講座のときも、あえて子どもに失敗させます。
そして、その原因と修正方法を考えさせます。

これを繰り返すことで、「失敗から立ち直る力」がついてくるのです。

初めに教えないで、まず考えさせる

公文算数教室の教え方を知っていますでしょうか?

普通の塾だと、最初に先生が黒板で教えます。
公文の場合は、いきなりプリントをわたして問題を解かせます。

でもその問題は、1+1から始まって少しづつ難しくなっていくので
教えられなくてもわかっちゃうんです。

前の問題がヒントになっていたりして、そこから考えると解るように
問題が構成されています。

最初にやりかたを教わってしまうと、解ったような気になって
実は解っていなかった、ということがよくあります。

ところが、最初に教えずに、ヒントから答えを自分で考えると
そこで得られたものって忘れにくいんです。

このやり方を私も取り入れています。
なるべく、最初に答えを教えずに、子どもに考えさせる
ようにしています。

お申込みはストアカのサイトから

月額 6,800円で受け放題
詳しいスケジュールとお申し込みは、こちらのストアカのサイトをご覧ください。
「ゲームでプログラミングの考え方を楽しく賢く学ぶ受け放題コース」