プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

プログラミングを学ぶと想像力がつく -想定外は無いか?

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

プログラミングを学ぶと想像力が育ちます。そのわけは・・・

もしもお釣りに大量の小銭が出てきたら

自動販売機で130円のジュースを買うとき、1000円札を入れればお釣りは870円。
このとき、もしもお釣りで10円玉が87枚出てきたらどうでしょうか?

「ばっかもーん!」
って怒りますよね。

では、100円玉が8枚と10円玉が7枚出てきたらどうでしょうか?

「500円玉や50円玉はないのかよ!」
と私ならムッとします。

10円玉、100円玉、50円玉、500円玉の組み合わせで、他にもいろいろなパターンがありそうです。小銭がたくさん返ってきたら、あなたはどこまでなら許せますか?

想定外のケースが起こる

自動販売機の中にはプログラムが入っています。その中には入れられた金額から商品の代金を引いてお釣りを返却する処理が行われています。もしも何も考えずにその処理が行われていたら、10円玉が87枚出てくるという想定外のケースもあり得るのです。

実際はたぶんそんなことにはならないでしょうね。お釣りの小銭がなくなると、「釣銭切れ」の表示が出て千円札を受け付けなくなります。

単に「小銭の総額が870円未満になったら『釣銭切れ』を表示する」というプログラムだったら、前述の想定外のケースが起こります。

そうではなく、「100円玉が8枚未満になったら」とか「500円玉が1枚あって100円玉が3枚未満になったら」とかいう条件を組み合わせて「釣銭切れ」の表示を出しているのではないでしょうか。私の勝手な推測ですが。

想定外をなくすには想像力が必要だ

プログラムを作るときはそういった「想定外のケース」が無いかを考えておかなくてはいけません。簡単そうに思える自動販売機のプログラムでもこれですから、もっと複雑な業務用のプログラムでは想定外がたくさんあります。

プロのITエンジニアがシステムのプログラムを作るときには、あらゆるケースを洗い出してテスト項目に入れて動作を検証します。それでも漏れがあってあとからバグが発覚することも多いのです。

プログラムを作るときには想定外のケースが無いかをしっかりと考えなくてはいけません。

ですから、プログラミングを学ぶと想定外のケースを考えることによって想像力がつくのです。

プログラミングをやったことのない人も、ちょっとだけやってみませんか? 


エクセルプログラミング超入門ミニ勉強(2018/11/23 11:00-12:30)

エクセルのプログラミングがとういうものか知りたい人。

エクセルVBAを学ぼうとして挫折した人。

説明から始めるのではなく、やってみることから体験してプログラミングがどういうものかを体で理解しましょう。

90分 1,000円 (午後の勉強会にも出席するかたは無料)

詳しくはこちら

https://abekkan.com/contact/


エクセルプログラミング初級勉強会(2018/11/23 13:30-16:30)


11月23日(祝)13:30~16:30 横浜で行います。

エクセルの表の編集に時間がかかっていることはありませんか? 例えば

  • 「担当者ごとの売り上げの表」から「製品ごとの売り上げの表」を手作業で作っている
  • 複数の表のつじつまが合っているかを目視で確認している
  • 国語、数学、英語、などの科目ごとのテスト結果の表から、生徒ごとの成績表を手作業で作っている
  • 複雑な関数を使い過ぎて修正できない

こういった作業は、エクセルでプログラムを作ってしまえば自動で行えるようになります。

11月23日はそのうち特に、マクロの使い方とセルの色や罫線の自動編集について説明します。

3時間 5,000円

詳しくはこちら


 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

seventeen − 6 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top