プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

月の形を見て天体を学ぼう-天体問題を理解する方法

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】イクメンパパの子育て術 理科編

 

違和感のある写真

「んっ?、なんか変だ!」

StrangeMoon_640

ネットでフリーの月の写真を探していて、目に着いたのがこの写真でした。なんか違和感を感じませんか?

 

halfmoon2_640

夜に半月や三日月が見える場合、光っている部分は東か西の地平線地平線を向いています。ですからA図やB図のようにどちらかと言えば下側が光るはず。 上側が光っているということはC図のように、上の方向に太陽がある、つまり昼間になるのでは?、と私は思いました。

halfmoon3_640

満月の下半分が雲に隠れていたとか、見る方向によってはこういう月に見えるのでしょうか? もしかしたら、上を向いた状態からイナバウアーして撮影したらこんな写真が撮れるのかもしれません(そんなバカな!(笑))。 有り得るのかもしれませんが、違和感を感じました。

 

子どもたちは気づくか?

「この写真見てどう思う?」 小学生の四つ美はともかく、理工学部の太郎に見せても、「別にー」。

高校生の二郎は誘導尋問されてようやく「月が何か変!」。

 

頼みの綱は、中学受験のときに私に月の動きを何度も教えられた三奈。しばらく見て「月がなんか変!」。でもどう変なのか説明はできませんでした。 がっかり(-_-;)。

 

月を見て天体を理解させよう

それはともかく。

図のように、月が光っている方向に太陽があるはずです。それだけ覚えておけば天体の問題も少し理解が進みます。

月を見たときに「太陽はどっちにある?」と子どもに聞いてみましょう。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

実はこの話をブログに書こうと思っていたら、夜、月の上の方が光って見えたことがありました。

雲でぼやけていたので実は下が光っていたのかあるいは私の目が悪いだけだったのか?!

ちょっと不思議でした!

 

この手の天体の話は私の本にもいくつか書きましたので、よかったら読んでみてください!

小学生のパパ編  300円

 

中学生のパパ編  300円

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

five + twelve =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top