プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

卒業式にツッコんでみた!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

今日は三奈の卒業式だった。

いい式だった。だけどそれを書いても面白くないので、ちょとひねくれて突っ込んでみる(^_^;)。

 

■目立ちすぎだろ!

 卒業生、入場! 6年1組

 先生のあと、卒業生が5mくらいの間隔で入場する。男の子はスーツっぽい格好の子が多い。女の子のなかには袴姿の子が何人かいる。みんな落ち着いた格好だ。

6年2組

 おっと、先頭にいる先生。40代くらい(?)の女性なのだが袴姿。それはいいのだけれど、色がオレンジそれもショッキングオレンジ。主役は子どもたちなのに目立ちすぎだろっ!

 

■三曲続けてどうぞ

 初めの言葉のあと、国歌斉唱、市歌斉唱、校歌斉唱。私はこの小学校の卒業生でもあるので、校歌も市歌も歌えた。

 でも3連続にするってちょっとしつこくないか。
「三曲続けてどうぞ」
ってDJじゃないんだから。カラオケだって3曲続けては歌わないのに(^_^;)。

 

■スピーチは聞き手のことを考えて

 校長先生の話のあと、来賓の言葉、PTA会長の言葉、が続く。話が結構長い。しかも面白くもない。

 人前でスピーチをするとき、言いたいことを話す人が多い。それじゃダメだ。話し手が言いたいことを話すのではなく、聞き手が聞きたいことを話すべきだ。

 それに、話し手が言いたいことが10個あったとしても、そのうち聞き手が聞いて良かったと思うのは3つくらいだろう。

 カリスマ講師のセミナーだったら、講師が言いたいことをどんどん言えば聞き手は満足する。一般人のスピーチだったら、言いたいことのうち、聞き手が満足するであろうことを選択して話すべきだ。

 卒業式のスピーチだったら、「今後はこういうことに気をつけてください」的な話が多いだろう。気をつけてほしいことが10個あったとして、そのうち7つくらいは言わなくても分かっている当たり前のことだろう。それを話してもスピーチとしては面白くない。もし話すのなら独自の体験談など入れて話すべきだ。

 残りの3個について、なぜ必要かをちゃんと説明できれば印象に残るスピーチになる。

 

 と、いくつか突っ込んでみたくなった卒業式でした!

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
卒業式の季節ですね。卒業式に行った人いますか?

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

9 + nineteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top