プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

最後の運動会 -25回目の運動会に最後のツッコミ!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

先日の土曜日、次女の四つ美の小学校の運動会が行われました。四つ美は6年生。最後の運動会です。

そして私にとっても最後の運動会でした。これまでに4人の子どもたちの運動会を見てきました。幼稚園の運動会が計10回。小学校の運動会が計14回。合わせて24回も子どもの運動会を見てきたのです。毎回グラウンドにレジャーシートとテーブルとキャンプ用の椅子を持ち込んでお弁当を食べてきました。そして25回目の今回が我が家で最後の運動会イベントとなったのです。

毎年、この小学校の運動会には2つのツッコミを入れてきました。それも最後になります。

なぜ運動会と呼ばないの?

この小学校では、何故か運動会と言いません。スポーツフェスティバルと呼ぶのです。学校名のイニシャルと合わせてYSF と呼んでいます。

新しく入学してきた子の親が、小学校の年間予定表を見ると、「あれ、この学校では運動会はやらないのかな?」
と思うのです。アメリカンスクールとかの学校なともかく、普通の市立の小学校なのに。私も15年前に初めてYSF と聞いたときには思わずツッコミました。「欧米かっ!」

なぜ赤組対白組にしないの?

もうひとつ、さらに不思議なことがあります。普通は運動会と言えば紅白戦。赤組対白組で戦います。あるいはグリフィンドール対スリザリン対ハッフルパフ対レイブンクローとか(ハリー・ポッターかっ!)。

ところがこのYSF では、なぜか「太陽組」対「タンポポ組」なのです。幼稚園の組名みたい。
しかも、「太陽」対「月」とか、「ひまわり」対「タンポポ」ならまだ分かります。でも、太陽とタンポポでは格が違いすぎます。どう考えても太陽が強そうです。なんでだろう?

不思議に感じながらも、長男の太郎が入学したころから末っ子の四つ美が卒業する年まで変わることはありませんでした。

こんなに寒いとは

そして最後の運動会の日になりました。先週の土日は夏日がぶり返したくらいに暑かったのに、この日は朝から寒いのです。薄い上着をはおるくらいでは寒かったので、私は皮ジャンを着ていきました。ダウンジャケットを着ている人もいました。

子どもたちは応援席にいるときは上着を羽織ったものの、競技中は半袖短パンの体操着です。寒そう。
「寒かっただろう?」とあとで四つ美聞きました。けれど「運動してるときは暑くなくてちょうどよかったよ」とのこと。おっさんと違って子どもは風の子で大丈夫みたいでした。

うちの子たちは足は速くないので徒競走などでは活躍できませんでした。けれども四つ美は騎馬戦で健闘。相手の帽子を奪い取って活躍しました。

そうして我が家の最後の運動会は終わりました。子育ての一つの区切りが終わった気がします。
26回目の、孫の運動会を見に行ける日まで、元気に長生きしなくては。


子どもと大人のエクセルプログラミング超入門勉強(2018/11/11)

11月11日(日)14:30~16:30 横浜

小学生(高学年)からプログラミング未経験の大人までが対象です。受講中にワークシートを埋めていきながらクイズ形式で進めます。プログラミングとはどういうものかが、大人も子どももわかります

11/11は「かるたゲーム」を作ってみます。

2時間 大人:3,000円、子ども:無料

詳しくはこちら


(大人向け)エクセルプログラミング超入門勉強会(2018/10/28)


10月28日(日)13:30~ 横浜で行います。

エクセルの表の編集に時間がかかっていることはありませんか? 例えば

  • 「担当者ごとの売り上げの表」から「製品ごとの売り上げの表」を手作業で作っている
  • 複数の表のつじつまが合っているかを目視で確認している
  • 国語、数学、英語、などの科目ごとのテスト結果の表から、生徒ごとの成績表を手作業で作っている
  • 複雑な関数を使い過ぎて修正できない

こういった作業は、エクセルでプログラムを作ってしまえば自動で行えるようになります。

10月28日はそのうち特に、データの文字列を編集することを行います。エクセルのセルに入ったデータの、3文字目が「A」だったら4文字目に「ー」を追加する、とか。

ホントにそんなことができるの? と思ったかたは一度体験してみてください。

3時間 5,000円

詳しくはこちら


Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

sixteen − five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top