プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

役者脳トレーニングで子供の発表力を伸ばすには?!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

役者脳トレーナーの海野美穂さんのトークショー&ミニセミナーに行って来ました。

役者脳トレーニングとは?

役者脳トレーニングとは、舞台役者がおこなう「人前に立つためのトレーニング」を土台にした、「話し手の魅力を引き出し、聞き手の心をつかむスピーチトレーニング」です。一般的な「話し方」ではなく、「話し手の感情を動かすことで、聞き手の心も動かす」ことをコンセプトとしています。
 
先日のブログ「アクターズスクールで演技を学んで子供のコミュニケーション能力を高めよう」で紹介したひなたアクターズスクールでは、は演技の練習をすることで子供のコミュニケーション能力を高めようとしています。役者脳トレーニングもこれと似ているのではないでしょうか。

 

恥ずかしさを克服するために!

発表がうまくいかないときの原因の多くは、緊張、恥、照れです。
恥と緊張を緩和してコントロール力をつけることにより人を惹きつける発表ができるようになります。
 
海野さんは大学の芸術学部にいたころにこんな体験をしたそうです。ある授業で先生に、「校庭にある木に抱きつけ」と言われました。突拍子もないことをやらされたのですが、これにはどんな意味があったのでしょうか。その意図の一つは「恥ずかしがらずに行動できるようになるということ」だったそうです。
 
お笑い芸人を目指すなら恥ずかしがらずになんでもできなくてはいけませんが、一般の芸術学部の学生がやらされるのというのは大変ですね。
 

発表力の鍵はあそび心

人前で発表をするときは、間違えないように原稿を読むだけではいけません。聞き手を無視してはいけません。
 
そしてまずは自分が楽しそうにするべき、つまり発表を楽しむべきなのです。間違えないようにと気にしてばかりでは発表を楽しめません。
 
そして発表中にアドリブができるようになるにはどうしたらいいのか? と私は聞いてみました。
 
すると、話し手の立場、聞き手の立場と別にもう一つ全体を俯瞰して見る第三者の目で発表している自分と聞き手を見るとよいとのことでした。第三者からの視点で見ることで、ここはアドリブでこう対応するとよさそうだ、ということを考えられるようになるのです。
 
なるほど。第三者の視点で冷静に考えることで、あそび心のあるアドリブを入れた発表を私はしてみたいと思います。


体を使うと口も動く!

そして風船を使ったワークを行いました。
 
10人弱の参加者で、風船を上にトスしながら自己紹介をするのです。最初は風船に意識がいってしまって言葉がうまく出なかったのですが、慣れてくるとちゃんと自己紹介ができるようになってきました。そして何もせずに自己紹介するよりも、自分の感情や熱意がこもっている話し方になってきました。
 
体を動かしながらはなす、複数のことを同時にやる、ことにより感情のこもった話ができるようになるとのことでした。
 
そういえば、スピーチ上手な人はみんな身振り手振りなどアクションが大きくて体を動かしていますね。これも私はやってみようと思います。
 
 
このトークショー&ミニセミナーは東京神保町の、こどもの本専門店ブックハウスカフェで行われました。ブックハウスカフェでは本に関わるイベントが数多く行われています。
 
海野美穂さんは「イラスト版 人前で話すこつ」という本を出しています。この本についても別のブログで紹介したいと思います。

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

9 + 14 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top