ウケる笑いのスキル講座を受けて「好き好きビーム」を習得

セミナー

100人の前でウケる笑いのスキルとは!?

先日のブログに書いた 「10人中10人に好かれようとする人は嫌われる」の本の著者、殿村政明氏が行う講座に行ってきました。

「100人の前でウケる笑いのスキルとは!?講師編」という講座です。

まずは発生練習と挨拶から

この日はこの冬一番の寒さで、初雪が降っていました。雪の中、会場の鎌倉まで行きました。受講者は2名だけでした。それに対して教える側は殿村先生のほかに2人のスタッフがついていました。

まずは声を出す練習から始まりました。
「あ・い・う・え・お」などと声を出します。
「声が届いていない」と言われてしまいました。大きな声で相手に届くように声を出す。昔やっていた少林寺拳法のときのように、腹から声を出すようにしてみました。

次に挨拶の練習です。

「こんにちはっ!」と笑顔で言ってみせたのですが、これも相手に届いていない。二人一組になって何度も「こんにちは」「お久しぶりです」などを繰り返します。ここではかしこまった挨拶ではなく、フレンドリーな挨拶をします。

笑顔で大きい声を出すのはテレもあってなかなかうまくいきません。そんなときに「相手が幼稚園の子どもだと思うといい」という助言をもらい、テレずに明るい挨拶ができるようになりました。

好き好きビームを習得したゾ!

そして次に、目から「好き好きビーム」を出す練習です。

「好き好きビーム」というのは、「10人中10人に好かれようとする人は嫌われる」の本にも書いてありました。相手を「好きですよ」という気持ちを目で表わすことです。この好き好きビームを出しておけば、そのあとの会話が円滑になるのです。

これはテレや恥ずかしさがあるとできません。二人一組になって何度も繰り返しました。その甲斐があって、コツを教えてもらって、私も好き好きビームを目から出すことができるようになりました。

目からのビームで、私もウクライナの航空機を打ち落とせるかもしれません(無理だって!)。さすがに航空機はキツイですが、ハエくらいはビームで打ち落とせそうです(それも無理だってば!)。

今度から職場でいろんな人に「好き好きビーム」を出してみたいと思います。好きすぎて社内不倫をすることにならなければいいのですが(なったらなったで嬉しいけどねw)。

とてもためになった講座

2時間の講座でやったことは、挨拶のしかた、好き好きビームの出しかた、リアクションのしかた、などでした。ウケるための話の作りかたまでは至りませんでした。

けれども、挨拶のしかた、リアクションのしかた、好き好きビームの出し方だけでもマスターできたのでとても役にたちました。

この講座に興味のあるかたは、以下をご覧ください。

100人の前でウケる笑いのスキルとは」
「空気を読む力と会話力」

家に帰ると好き好きビームを出すヤツがいた

講座の受講を終えて家に帰りました。家に入ると、うちの子犬(ポメプー)が駆け寄って来ました。しっぽを振り、前足を私のスネにおいて歓迎してくれます。

そして目からは「好き好きビーム」が出ているようでした。そして私も、知らず知らずのうちにこの子犬に対して目から好き好きビームを出していました。

「これだっ!」

テレることなく相手に好き好きビームを出すには、相手を子犬だと思えばいいんだ! そう気づきました。

これからは、私は人に会ったら子犬だと思って好き好きビームを出してみたいと思います。もしあなたに会ったときに、間違えて「伏せ!」とか言ってしまったらごめんなさい(笑)。

コメント

  1. […] 以前のブログで「100人の前でウケる笑いのスキルとは!?講師編」という講座を受けた話を書きました。 […]