プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

ミニ勉強会でかるたゲームを作ってみました

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

11/23午前にエクセルプログラミング入門ミニ勉強会を行いました。午後の勉強会の前のミニ勉強会です。その様子を報告します。

まずはフローチャートから

このミニ勉強会には、小学3年生のお子さんも参加してくれました。

初めにフローチャートを書くことから始めました。日常生活の手順をフローチャートにしてみるということで、ファミレスでの食事の手順をフローチャートにします。

飲み物があるか? No ならドリンクバーに取りに行く。などの条件分岐を想定していたのですが、子どもからは意外な発想も出てきました。「美味しいか?」 No なら調味料をかけるそうです。なるほど。

使うのは簡単なコマンドだけ

C

変数の説明とコマンドの説明をしました。エクセルプログラミングでよく使う最低限のコマンドだけです。簡単な例文の練習問題もやりながら。

If~Then, For~Next, Cells(x,y).Value とかを覚えておくだけでもエクセルの簡単なプログラムを作ることができます。入門用の90分のミニ勉強会なので多くの説明はできませんでしたし。

かるたゲームのプログラムに挑戦

最後に百人一首のカルタを取るというゲームのプログラムを考えてもらいました。

出された上の句の札に対して選んだ札の座標を取得する。その座標が正解の札が置かれた座標と同じかを判定する。「正解」または「間違い」と表示する。という部分に特定してフローチャートを考えてプログラムを書いてもらいました。

と言ってもいきなり全部を書くのは難しいので、穴埋め方式で一部を書きます。大人のほうは大丈夫でしたが、子どものほうはちょっと難しかったようです。

子どもに理解してもらうにはまだまだ工夫が必要ですね。今後また改善していきたいと思います。


エクセルプログラミング初級勉強会(2018/12/15 13:30-16:30)


12月15日(土)13:30~16:30 横浜で行います。

エクセルの表の編集に時間がかかっていることはありませんか? 例えば

  • 「担当者ごとの売り上げの表」から「製品ごとの売り上げの表」を手作業で作っている
  • 複数の表のつじつまが合っているかを目視で確認している
  • 国語、数学、英語、などの科目ごとのテスト結果の表から、生徒ごとの成績表を手作業で作っている
  • 複雑な関数を使い過ぎて修正できない

こういった作業は、エクセルでプログラムを作ってしまえば自動で行えるようになります。

12月15日はそのうち特に、デバッガーの使いかたとテスト方法について説明します。

3時間 5,000円

詳しくはこちら


 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

eleven + eighteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top