大事なものを決めるときは、お試し体験しておこう

スポーツ

20年ぶりにテニスをしたら

私は今年の1月から20年ぶりにテニスを始めました。

テニススクールに申し込んで20年ぶりのコートに立ってみると、予想以上にできませんでした。

ボールが見えない、足が動かない、ラケットの真ん中に当たらない。元テニス部と言うのが恥ずかしいくらいでした。久しぶりだし、運動不足で太ったし、歳をとったし、と言い訳していました。

ラケットはじっくり選んで

2ヶ月近くやって慣れてきたところで新しいラケットが欲しいと思いました。

それまでは20世紀に買った古いラケットか、息子の初心者用のラケットを使っていたので。

うちの近所にオートテニス場があります。そこではラケットの販売もやっていて、試し打ち用のラケットを借りることができました。そこで私は2日間に分けて、10本くらい借りて打ってみました。

すると私が目をつけていたプリンスやウィルソンのラケットは、飛びすぎたり飛ばなかったりでうまく打てませんでした。宣伝をみる限りでは良さそうに思えたのに。そして意外にも、店の人が薦めてくれたダンロップのラケットが一番いい感じでした。

その店の人は私の経歴を聞いて、いくつかのラケットを薦めてくれました。私が打っているのも見ていたようで、ダンロップで打ったときがいい感じでしたね、と言ってくれました。この時点で、私は「ラケットをこの人から買いたい」と思いました。

結局、自分だけだったら選ばなかったであろうそのダンロップのラケットを購入しました。その後テニススクールで打ってみたら、見違えるほどプレーが良くなりました。20年のブランクを取り戻せた感じです。

約10本のラケットを試し打ちして良かった、このラケットに巡り会えて良かった!

大事なことを決めるときは、お試し体験しておこう

大事なものを決めるときは、一度体験してみるべきですね。ラケットなどの道具だけではなく、学校や教室を選ぶときも。

宣伝文句だけで決めずに、面倒だと思っても体験会などに参加してじっくり選びましょう。

コメント