プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

ブログのネタを絶やさないための習慣

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「う~ん、書くネタが無い(+_+)」
夕べは、ブログに書くネタを思いつかなかった。

 

 

■頼りになるのはネタ帳だった

 2年前からブログを書き始めて、最初の頃は書くネタに困ることがよくあった。でも最近はあまりネタに困ることはなかった。

 その理由はネタ帳。通勤中とかちょっとした空き時間に思いついたことをシステム手帳にメモしていた。1つのネタから関連して思いついたことも書き足していく。使えないものもあるけれど、いくつか貯まっていれば1つくらいはブログに使える。

 

■習慣化すること

 ネタ帳をつけることが習慣化してからはブログを書くときにネタに困ることは少なくなった。習慣化してしまえば楽だ。

 ネタ帳に限らず、いいことを習慣化することは大事だ。登校中の電車で単語を覚える学生。朝ジョギングするおじさん。頭や体にいいことを一度習慣化してしまうことができれば、あとは自然にうまくいく。

 

■習慣が崩れるとき

 他の用事が入った。忙しいのが続いた。体調を崩した。などで習慣にしてたことが崩れることがある。2,3日休んだだけなら戻すのは簡単。だけど1週間以上休むと戻すのが億劫になってくる。

 私のネタ帳も、このところ書いていなかった。ネタ帳に書かなくてもブログは書けるからいいや、と思っていた。けれどネタを思いつけなくなってしまった。

 仕事でも、何かを確認するチェック工程が設けられていることがある。チェック工程は、いつも○をつけるだけになっていると形だけのものになってしまう。×をつけるべきことがあっても見逃してしまい大事故につながることもある。

 マンネリ化すると意味のないものになったり、中断後の継続が困難になる。これではいけない。

 

■習慣を継続するには

 習慣をマンネリ化させずにきちんと継続するには刺激が必要だ。ジョギングする人がマラソン大会に出る。単語を覚える学生にはテストがある。

 ほどよい刺激が習慣を継続させる。リフレッシュが必要!

 では、ネタ帳を継続するにはどうする?
10年近く使っているこの皮のシステム手帳。気分転換で新しくしてみようかな(^^)

 いずれにせよ、習慣を継続させるには刺激やリフレッシュが必要だ!

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
というわけで、朝になってからのメールでのブログアップでした。
ネタが無いことをネタにしてしまった(^_^;)

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

sixteen − ten =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top