プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

夏休みの自由研究 -米粒を数えてみるだけでも自由研究の宿題になる!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

夏休みの自由研究は終わりましたか? 今回は簡単にできる自由研究を1つ紹介します。

ちょっとした疑問を自由研究にしてしまおう

「このお米、いくつあるのかなぁ?」
「じゃぁ、調べてみようか」

次男の二郎が小学1年生だったころの夏休み。買ってきたお米の袋を見て二郎がつぶやいたので、私は実際に数えさせてみた。

10kgの米粒を全部数えるのはもちろん無理。

 米をカップに20g計りとった。
 それを数えさせた。しばらくかかったが、1340個だった。
kome1 

そのあとは比例計算。

20gで1340個 だから、

100gだったら、1340+1340+1340+1340+1340 = 6700個。
1000gだったらその10倍で67000個。
10kg(=10000g)だったらその10倍で67万個。

 10kgの米袋には67万個の米粒が入っている!!

という結果になった。

 このやり方と計算式を紙に書かせ、写真もつけてファイルに閉じた。1時間たらずで夏休みの自由研究のできあがり。生まれて初めての研究論文だ。たった4ページだが小学1年生にしては上出来だろう。

 こんな感じで、身の回りのちょとした疑問を簡単な自由研究にしてしまえば楽しくすばやく宿題をこなすことができる。よかったらやってみよう

 なぜだと思う? どうやったら調べられるかなぁ。 とヒントを与えながら考えさせることが大切だ。

 



「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

4 × two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top