プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

月を見て天体感覚をつけよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「あれ、駅はどっちだっけ?」

 夕方6時。もう日は沈んで辺りは暗い。音楽ホールを出たら帰る方向がわからなくなってしまった。

 

■方角を知る方法

 駅から南下してきたから、北へ行けばいいんだけど。北はどっち?

 そんなときは、木を切り倒して年輪の間隔が狭い方が北だ。木を切り倒せばいい。

 ところがその日はあいにく、斧をもっていなかった。(いつも持ってないってば(笑))

 

■太陽はどっちだ?

 空を見ると月が出ていた。右側が明るい上弦の半月だ。
いっしょにいた四つ美に聞いてみた。

「月の右側が明るいよね。太陽はどっちにあるかな?」

「あっち!」
と思いっきり左を指差した。
ちが~う! 反対だ。

 右方向にある太陽に照らされて右だけが明るい。と説明した。
だから右が太陽が沈む西方向。

こうして、 その日はあいにく斧をもっていなかったが(いつも持ってないってば!)、方向がわかって駅にたどり着くことができた。

人に聞けばわかるんだけどね(^_^;)

 

■天体感覚は月を見てつけさせよう

 月の位置と形を見れば太陽の位置が分かる。地球と月と太陽の位置関係を意識することで天体感覚を身に着けることができる。子どもと月を見たときは、太陽がどこにあるか質問してみよう。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
いよいよ今年も終わります。2014年はみなさんにとっていい年だったでしょうか? 私にとっては去年とあまり変わらなくてちょっとつまらない年でしたねえ(^_^;)

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

12 − seven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top