プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

プレゼンやスピーチをするときは、聞き手の立場を考えて!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

プレゼンやスピーチが下手くそな人

職場で今期の方針を語るミーティングがありました。大勢の社員が集まった中で5~6人のグループ長が順番に今期の方針を語ります。

こういったときに、ときどき平気で持ち時間をオーバーする人がいます。長く語って話が面白ければいいのですがそうではありません。そもそもそういう人は聴衆が聞きたいと思うことを語ろうなんて思っちゃいません。自分が語りたいことを全部語ろうとするのです。

「あんたのそんな話、誰も聞きたくないよ。早く引っ込め」

そして話がまとまっていません。言いたいことはいくつもあるようなのですが、聞いた人の頭に残らないのです。これはダメダメなプレゼンですね。

下手な話を長々と聞かされて、私は癪だったので、ブログのネタに使ってやろうと思いました(笑)。

聴衆は何を聞きたがっているのか、を意識しよう

良いプレゼンやスピーチをしたいと思ったら、自分が話したいことを話すのではいけません。聴衆の立場に立って、聴衆が聞きたいことを話すのです。プレゼンやスピーチに限らず、ブログの記事でも同じですが。

社内のプレゼンだったら、他のグループの人と同じようなことを話しても聴衆は面白くありません。聞かなくても分かってますし。

自分のグループで独自に行う戦略などを話してくれれば面白いのですが。

ポイントは3つにまとめる

プレゼンをするときには言いたいことを3つにまとめるとよいと言われています。4つ以上あると聞いた人が覚えることができないからです。すぐに忘れてしまうのです。

まず最初に3つのポイントがあることを告げます。それから1つづつ説明していくのです。

そして最後に、その3つのポイントを復唱するのです。そうすると内容が聴衆の頭に残ります。

私が勉強会を行うときは、最初に今日のゴールとしてその勉強会で得られるであろうポイントを3つ挙げます。そして最後にその3つのポイントを復唱して、ちゃんと得られましたか? と確認するようにしています。

話のポイントは3つに絞って、最後に復習するようにしましょう。


(大人向け)エクセルプログラミング入門勉強会(2018/11/23)


11月23日(祝)13:30~16:30 横浜で行います。

エクセルの表の編集に時間がかかっていることはありませんか? 例えば

  • 「担当者ごとの売り上げの表」から「製品ごとの売り上げの表」を手作業で作っている
  • 複数の表のつじつまが合っているかを目視で確認している
  • 国語、数学、英語、などの科目ごとのテスト結果の表から、生徒ごとの成績表を手作業で作っている
  • 複雑な関数を使い過ぎて修正できない

こういった作業は、エクセルでプログラムを作ってしまえば自動で行えるようになります。

11月23日はそのうち特に、マクロの使い方とセルの色や罫線の自動編集について説明します。

3時間 5,000円  これに申し込んだかたは、下記の11/11の勉強会が無料になります。合わせてどうぞ。

詳しくはこちら


子どもと大人のエクセルプログラミング超入門勉強(2018/11/11)

小学生(高学年)からプログラミング未経験の大人までが対象です。受講中にワークシートを埋めていきながらクイズ形式で進めます。プログラミングとはどういうものかが、大人も子どももわかります

11/11は「かるたゲーム」を作ってみます。

2時間 大人:3,000円、子ども:無料

上記の11/23の勉強会に申し込んだかたは無料になります。合わせてどうぞ!

詳しくはこちら

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

19 + 10 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top