プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

志望学科の決め方 運に任せたっていいじゃない!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

志望大学、志望学科を決めるとき、太郎は最初は化学科を志望学科に書いていた。途中で気が変わって、物理や機械系の学科を選んで受験した。

 

■第2志望は別の学科

 太郎が受験した大学のうち2校は、入試の願書に第2志望の学科を書くことができた。。難易度に差がないと第2志望にも受からない。それを考慮して、W大学では第1志望が物理科で第2志望が化学科とした。

 ここでは学科によって配点が違うので、物理の出来が良ければ第1志望、化学の出来が良ければ第2志望に受かるという可能性がある。

 

■運に任せて

 第2志望になると物理や機械をやりたいという方向性と変わってしまう。試験の成績で運命を変えてしまってもいいの?

 太郎は特にこだわりは無いようだ。化学も好きだし、

ここで無理矢理エイやで「全部物理系にする」と決めるのも、
試験の結果で決まるのもたいして違わない

と考えているようだ。たしかに、物理も化学も嫌いでないなら運命に任せてもいいかもね。

 今どきの就職試験では、何十社も回って入れてくれるところに入る人が多い。会社に入ってからも、好きでない部署に回されることもある。

 それに比べれば運で学ぶ教科が変わってもたいしたことではないかもしれない。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
今日、太郎は第2志望であるK大学の合格が発表されました!
やった~(^o^)/ 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

5 × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top