プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

数学の公式を仕事で使って、エクセルVBAでシミュレーションもできる

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「数学で習う公式なんて、実社会では使わないよ」と言う人がいます。果たして本当でしょうか? 理系だったら使うかもしれません。

円の公式や球の公式は実社会では必要ないの?!

中学生や高校生のころ、学校の数学でいろいろな公式を習ったと思います。円の面積を求める公式とか、球の体積を求めるとか。テストのため、受験勉強のために公式をたくさん覚えて応用問題もたくさん解きました。けれども苦労して身につけた公式は大人になってから役に立ったでしょうか? 多くの人は役に立たなかったと言うことでしょう。でも、役に立つことだってあるのです。

はんだバンプを作る

私があるメーカーに勤めていたころ、半導体などの電子部品を加工する工場の開発部隊に所属していました。そこで半導体部品にメッキで半田の電極、「はんだバンプ」をつける工程を開発していました。その工程は以下のような感じです。

  1. 半導体ウェハ上に緑のレジスト膜をつけて電極部分だけ穴を開ける
  2. 穴からあふれるくらいまで(黄色の)半田をメッキでつける
  3. レジスト膜を溶かして剥がす
  4. キノコ状になった半田に熱をかけて溶かして球状にする

では問題です。

最終的に球になった半田の高さを100マイクロメートルにするには、2の工程でどれくらい半田をつければいいでしょうか?

このとき、キノコの体積が球の体積と等しいという式から計算できます。xとyとzが分かればwを計算で求めることができます。けれどもその式は球の体積の公式を知らないと書けません。

エクセルVBAでシミュレーションプログラムを作れ


この問題のように、はんだバンプの大きさを計算するプログラムを作れと上司に言われました。私は得意のエクセルVBA と球の体積の公式を使ってシミュレーション計算プログラムを作りました。表のセルに数字を入れて計算ボタンをクリックすると答えを出します。

ついでに上の図のような絵まで描いちゃいました!

「あっ、昔覚えた公式が使える!」と思ったときにはなんか気持ちがよかったです。会社に入ってから、昔ならった数学の公式が役に立つとは!

もしも子どもが、「こんな公式覚えたって意味ないよなぁ」とか言っていたら、いや使うかもしれないぞ。この、あべっかんっていう人だって使ったみたいだし、と言ってあげてくださいね!

そして、エクセルVBAではこんな計算をするプログラムを作ってしまうこともできるのです。

 


(大人向け)エクセルプログラミング超入門勉強会(次回 2018/10/28)


10月28日(日)13:30~ 横浜で行います。

エクセルの表の編集に時間がかかっていることはありませんか? 例えば

  • 「担当者ごとの売り上げの表」から「製品ごとの売り上げの表」を手作業で作っている
  • 複数の表のつじつまが合っているかを目視で確認している
  • 国語、数学、英語、などの科目ごとのテスト結果の表から、生徒ごとの成績表を手作業で作っている
  • 複雑な関数を使い過ぎて修正できない

こういった作業は、エクセルでプログラムを作ってしまえば自動で行えるようになります。
ホントにそんなことができるの? と思ったかたは一度体験してみてください。

詳しくはこちら

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

6 − five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top