エクセルVBA超入門講座(2) -プログラムには型がある

4ステップの動きが基本

エクセルで作るプログラムは、パターンとしてはだいたい決まっています。

  • 表のデータを読み込む
  • 計算する
  • 結果を書き込む
  • 次の行に進む

エクセルは表ですから、表のデータを1行づつ読み込んで処理して次の行に進むのが基本的な流れです。

(1) 表のデータを読む

ここでデータは1つとは限りません。もとの表から2つ3つのデータを取ってくるかもしれません。例えば名簿から名前と年齢と住所を取得するとか。

また、表は1つとは限りません。売上表から商品コードを取得して、商品一覧表からその商品コードと一致する商品名を取得するとか。

(2) 計算する

計算しない場合もあります。ただデータを下記写すだけの処理だと。
データーを足したり引いたり掛けたり割ったりするのはもちろん計算です。

取ってきたデータが条件と一致するかを比較して判定するのも計算に含めます。条件によって計算を変えることもおおいdすね。例えば年齢が20歳未満だったら金額を割引するとか。

(3) 結果を書き込む

結果を表示するだけで終わるプログラムもあります。多くの場合は計算結果や判定結果を表に書き込みます。

書き込む表はデータを取ってきた表と別のファイルにすることを私は勧めています。必要であればもとの表全体をコピーして。別のファイルにしておけば、プログラムに間違いがあってももとの表を壊さずに済みます。入力ファイルと出力ファイルは分けましょう。

(4) 次の行に進む

エクセルのプログラムは表になったデータに対して処理を行うものが多いです。この場合、1つの行のデータの処理が終わったら次の行に進んで繰り返します。

これが基本の形です。

複雑なプログラムになると、データの読み込みと計算を何度も行ったり、繰り返しが二重になっていたりします。でも基本の形の応用にすぎません。
基本の形を意識しておきましょう。


(A) エクセルプログラミング個人レッスン -実際に使える処理を作ります。をやってます。6000円。くわしい説明と最新スケジュールはこちら

  • 7/13(土)横浜  9:30-11:30
  • 7/13(土)横浜 14:00-16:00 予約済
  • 7/20(土)横浜 14:00-16:00

(B) エクセルプログラミング初級勉強会 5000円。詳しくはこちら

  • 7/27(土)横浜 13:00-16:00
         マクロの操作とセルの色や罫線の自動編集編
  • 8/4(日) 横浜 13:00-16:00
         セル内の文字列の編集編

(C) 夏休みの自由研究ができあがる、親子エクセルプログラミング教室 
   親子で5000円。詳しくはこちら

  • 7/27(土)横浜 10:00-12:00
         クイズゲームを作ってみよう
  • 8/4(日) 横浜 10:00-12:00
         かるたゲームを作ってみよう