意外な仕事の発表会は面白かった -こんなことが仕事になるんだ!

先日、京都で「ほしぞら商店街」というイベントに参加してきました。

かなり変わった専門家たち

「ほしぞら商店街」とは、起業を目指している人たちが起業の企画を発表する いうイベントです。ただ、ここに集まった人たちはフツーの人ではありません。

京都の伝統工芸のサポーター、加工食品を安全に食べる専門家、恋愛コーチ、キャリア専門の家庭教師、「習い事を学んだだけ病」の救世主、コピーライトのコンサルタント、ボードゲームの専門家、ふざけたコラムの書き方の講師、
といったような変わった専門家たちがいます。

「そんな専門分野、商売になるんかいな?」
といった変人ばかりです。もちろん、あべっかんもその変人の一人です。

特設されたブースは畳に座布団

イベントが行われたのはよくあるイベントスペースではありません。京都の民家です。畳の部屋に座布団を置いてブースにしています。展示会とは思えないアットホームな会場です。

それぞれのブースで、説明が行われました。畳に座り込んだ専門家たちのところに、それぞれ1人か2人のお客さんが来て説明を受けます。大型モニターを使ってパワーポイントで説明する、というありきたりのやり方をしていたのはあべっかんだけでした。

他の人たちは、ホワイトボードや付箋やカードといったアナログの道具で攻めています。畳の上で1対1あるいは1対2の説明なので、パワポによる説明よりもアナログの道具+トークのほうが伝わりやすかったのではないか、そんな気がしました。

初対面の専門家たちの話が聞けた

私も自分がブースを出していない時間は、他の人のブースを見て回りました。私は関東から遠征してきたのですが、私以外の専門家は関西の人たちです。初対面の人が多く、どんなことをしている専門家なのか知りませんでした。でも畳の上の唾がかかるくらいの距離で説明を受けたので彼らのやっていることがよーくわかりました。

へぇ~、こんなことが仕事になるんだ!!

いろんな専門家がいて、変わったことで起業しようとしているんだなあ、と分かったので楽しかったです。勉強になりました。まだまだ自分は(いい意味での)「変人」になりきれていないなぁと感じました。

今度は東京で開催される!

京都で行われた「ほしぞら商店街」に参加した専門家は20人弱でした。

今度は東京で同様のイベントが行われます。2倍近くの規模になります。関西とは違った専門家たちが登場します。あべっかんもまた参戦します。30分のセミナーでしゃべるのと、ブースも出します。

秋葉原のもと学校だった建物で行われます。今度は畳ではありません。机と椅子でブースを出します。

変わった専門家たちがどんなことで起業しようとしているのか、ちょっと興味がありませんか? こんな変わったイベントはなかなかありませんよ!


「ほしぞら商店街」
-こんなことが仕事になるんだ!
体感!つながる!共感! 自分らしい働き方をつくるマルシェ

  • 9/28(土) 10:45~18:00
  • 3331アーツ千代田(秋葉原から徒歩8分)
  • 入場無料(一部のイベントのみ有料)
  • 詳細はこちら